ご供養について

ご供養は亡き方やご先祖様に心を向けてお手を合わすことですが、お手を合わし心を向けるのは亡くなった方だけではなく、ご自身に対しても言えることです。ご供養を通じてご自身の命を知る。今のありのままの自分を知るという事なのです。また例え話としてお城を築くには先ず石垣を積み上げなくてはなりません。つまり土台となる部分が供養をし、自分自身の命を活かすということです。そして建物の部分が神仏の助けをうけながら築き上がる。その土台から頂上までがっしりとしたお城こそが幸せを築くということです。当山ではご供養をすることで別物はとは考えず、ご祈祷と合わせてお薦めしております。

 

ご葬儀・ご供養

・ご葬儀 在りし日を偲び故人を弔う

真言宗に儀礼に則ってご葬儀をしめやかに執り行います。主に箕面市近郊の葬儀会館などに出向しておりますが、その他の地域の方もお気軽にご相談ください。できる限りご遺族様のご意向に沿った形で執り行いたいと考えておりますので、ご不明な点やご不安な点がございましたら遠慮なく当山までお問い合わせください。

・ご供養 

これまでご供養をされてこなかった方や、どのようにすれば良いか解らない方でも安心して故人様にお手を合わせていけるよう様々な方法をご提案させていただきます、水子供養・先祖供養・月命日供養等もお気軽にご相談下さい。
※宗旨・宗派は問いませんがご法要は真言宗の様式で行いますのでご了承下さい (FAXでのお申込みフォーム)


年忌法要早見表

法要名称
故人の没年
一周忌(満一年)
平成28年 (2016)
三回忌(満二年)
平成27年 (2015)
七回忌(満六年)
平成23年 (2011)

十三回忌

(満十二年)

平成17年 (2005)

十七回忌

二十三回忌

二十七回忌

平成13年 (2001)

平成7年  (1995)

平成3年  (1991)

三十三回忌
昭和60年 (1985)

・善福寺定例法要 事前にお申込み下されば、どなた様でもご参加いただけます 

・3月 春彼岸法要

・8月 盆施餓鬼法要

水子供養

水子供養とは、中絶・流産・死産などでこの世に生を受けることの出来なかった子供(水子)の供養のことを言います。その赤ちゃんの命を供養することを水子供養といいます。お寺に参拝して法要に参列する場合が一般的ですが供養の仕方は色々あります、家庭に応じた供養の方法を選択し、遠方や都合で参列できない人の為に、自宅に居ながら読経供養が出来、赤ちゃんが無事に天国へ成仏出来るよう供養してあげましょう。

その心がけが何よりの赤ちゃんへの供養となることでしょう。

善福寺ではお母様の健康祈願も一緒にさせていただいております。

大阪市水子供養

永代供養

永代供養とは、様々な理由により、施主様に代わって寺院が御遺骨の管理供養をおこなう事です。近年、少子高齢化や核家族化の進行により永代供養を希望される方が年を追って増えています。今後の家庭環境や子孫の事を考えると、お墓を建てることで生じる様々な負担やリスクに苦慮される事はめずらしくありません。

  • 将来にわたって墓地の維持管理が心配な方
  • 子供たちに負担を懸けたくない方
  • お墓を継承する人がいない方
  • 故郷が離れている、または今後離れてしまう方

遠く離れた墓地ではなく、常に僧侶がいて参拝者がいる場所。大切な故人の御遺骨を決して粗末に扱う事無く、寺院の存続する限りいつまでも大切に供養いたします。

大阪市永代供養

・善福寺霊苑 お墓選びで最も重視されるのが「交通アクセス」です。

お寺は地域の人たちにとって、開かれた場所であり、心の拠り所でもあります。当山は、大阪中心地よりお車で約30分程で行ける立地で箕面の自然豊かな場所にございます。交通に便利でお参りしやすい環境、自然の花々に囲まれた静寂の地でお寺の境内にある墓地としてご安心いただいております。近年では、核家族化や少子高齢化に伴い、お墓の管理が難しいと考える人が増えてきております。お気軽にご相談下さい。

ページのトップへ戻る