歓喜山 善福寺について

当山は宝亀八年(西暦七七七年) 光仁天皇の御代、開成皇子の刺願により、弥勒寺 (現勝尾寺)が都卒浄土の内院とするに対し、外院として建立せられた六ヶ院のうちの一ヶ院にして、摂津國八十八ヶ所第五十三番の霊蹟である。

本尊東向十一面観世音菩薩。別徳本尊として大聖歓喜天。両脇には不動明王、弘法大師の尊像を置き奉る。歓喜山の名の由来は、一たび当山領に登る者は摂津河内和泉の眺めを欲しいままにすることを得て、心機一転、歓喜踊躍の思いをすることから名付けられたという、また本尊の霊験が非常にあらたかで、願い事を叶え心を満足させて下さることから善福寺と称す。

この本尊の誓願の中に「大晦日の当山に詣でて親しく我を拝する者は、長く悪趣の苦を離れ頓に諸病の患を抜き給う」とあって、 古より当夜に参詣する者が多い。往昔より当本尊に祈願をして難病滅徐、災難厄除けの利益を受けた者が甚だ多い。東向きの観音様と親しまれ御縁日には数多の善男善女参詣して本尊の利益を受け日々を安穏に暮らす。当山に詣でては至心に「帰命頂禮大慈大悲東向き十一面観世音菩薩」と唱え、本尊の火祭りの祈願会に参じ、開運招福 導き道開き 縁結び 安産祈願 災難厄除け 当病平癒 中風封じ などを祈願し本尊と共に人生を歩み福徳が円満する者が多い。当山本尊は東向きに鎮座し、日の出ずる方角を見る珍しい観世音菩薩である。日の出、夜明けを観ることを意味し、心身の患苦を離れ、心に想う願いが叶う道を開いて下さる。全国の観音菩薩の御縁日が十八日に対し、当山本尊が十七日を御縁日とす由縁は、新年を迎える大晦日が当山本尊の御利益を預かる随一の御縁日なることに由来し、十八日の前日にあたる十七日を毎月の御縁日とする、様々な災難を消滅し、福を招くための吉祥日である。

善福寺のいちおし!

緑に囲まれた静寂な空間、摂津国八十八所巡礼 第五十三番霊蹟

善福寺のみどころ

 

 

 

 

ページのトップへ戻る